DECT方式

DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)とは、欧州通信規格協会(ETSI)が策定した、世界で最も採用されている通信規格です。日本国内では、2010年より展開されています。
無線LANやBluetooth®等で一般に使用されている周波数帯域は2.4GHzです。無線周波数の増加にともない、どうしても無線機同士の電波干渉が起こりやすくなります。それに対してJapan DECTは1.893-1.906GHzを使用します。そのため、2.4GHz帯域対応機器の影響を一切受けることなく、ノイズや途切れのない高い通話品質を維持します。